個人事業主向けおすすめ法人カード

  • -
e80d23c01ab9df95f430bbe33b46d1ee_m

個人事業主向けおすすめ法人カード

■個人事業主は法人カードを発行しやすい

法人カードとはビジネス用に経費に使うことができるクレジットカードです。
個人向けのクレジットカードは、あくまでもプライベートなものにしか使うことができません。
ビジネスの経費に使っていると、クレジットカード会社から注意を受けることもあります。
なのでプライベートは個人のクレジットカード、ビジネスは法人カードを使うのがおすすめです。
個人事業主はプライベートもビジネスも全部1枚のクレジットカードで支払っているということも多いようですが、法人カードの発行を考えるべきでしょう。

法人カードには、経理を簡素化できるメリットもあります。
支払うクレジットカードを分けることにより、プライベートとビジネスの経費を区別しやすくなります。
この支払いはどっちだったけ?となったり、この支払いビジネス経費に入れるの忘れていた!なんてことが起こりにくくなります。

また法人カードの利用明細を、そのまま経理に使うことができます。
経理ソフトと連携させれば、勝手にソフトが経費を計算してくれるのです。
自分で入力をするとミスることもありますが、ソフトならそんな心配もありません。
経理にかける時間を短縮することができるので、忙しい個人事業主にはおすすめです。

そのほか法人カードにはビジネス用品や宿泊施設での優待、福利厚生サービスなど、ビジネスであると嬉しいサービスが付帯しています。

法人カードにはいくつか種類がありますが、大きくわけると大企業向けのコーポレートカード、小規模向けのビジネスカードとなります。
個人事業主はビジネスカードの発行を目指しましょう。

法人カードは発行が難しそうなので、個人のクレジットカードを使い続ける…という個人事業主もいるようです。
法人を証明する書類など、必要書類が多く面倒と感じることがあるようです。
特に法人カードの発行には法人口座が必要となると、個人事業主は無理…とあきらめてしまうことが多いようです。
法人カードの支払は法人名義の口座となるため、個人名義の口座は使うことができません。
法人口座の開設には審査があり、小規模な法人ではなかなか開設できない現状がありますので、法人口座なんて開設できないよ!と個人事業主は考えてしまうのです。
しか法人カードで法人口座が必須となるのは、あくまでも法人として申込をする場合です。
個人事業主であれば、個人名義の口座を使うことが可能です。
個人事業主は法人カードに申込みがしやすいと言えるでしょう。

■個人事業主が使いたいスタンダード法人カード

法人カード選びに悩んだら、銀行系が発行するスタンダードな法人カードが良いでしょう。
ベストセラー商品は、魅力があるから売れ続けていることになります。
法人カードも同じでみんなが選び続けているなら、使いやすくおすすめということになるのです。

個人事業主におすすめの、スタンダード法人カードを紹介します。
初めて法人カードを発行するという個人事業主にもおすすめです。

・JCB法人カード一般
法人カードの定番中の定番とも言われているのが、JCB法人カード一般です。
多くの個人事業主に選ばれており、日本を代表する法人カードとも言えるでしょう。
JCBカードのプロパーということで、それなりのステータスもあります。
JCB法人カード一般は1,250円(税別)とリーズナブルな年会費ながら、サービスもしっかり付帯しているのが特徴です。
またオンライン出張予約や、ビジネス用品の割引優待サービスなどがあります。
ETCカードを何枚でも発行できるので、車を持つ個人事業主にはおすすめです。

・三井住友カードマーチャントメンバーズクラブ・クラシック
日本で歴史のあるクレジットカード会社といえば、三井住友VISAカードでしょう。
三井住友VISAカードの個人事業主向け法人カードが、三井住友カードマーチャントメンバーズクラブです。
年会費は1,250円(税別)と低めですが、追加カードは400円(税別)とさらにお得な価格になっています。
家族や従業員にも法人カードを使わせたいならおすすめです。
また海外旅行保険が付帯し、海外キャッシングもできます。
海外でキャッシングができると多額の現金を持ち込まなくても良いですし、両替手数料の節約にもなります。
海外出張が多い個人事業主には、使いやすい法人カードでしょう。

・MUFGカードビジネス
MUFGカードゴールドなど魅力的なクレジットカードを多く発行しているMUFGカードの法人カードが、MUFGカードビジネスです。
安心の銀行系法人カードとして人気があります。
年会費1,250円(税別)と持ちやすい価格で、追加カードは何枚でも発行可能です。
VISAとマスターカードの2つがありますが、両方を発行しても年会費1,500円(税別)で持つことができお得。
VISAとマスターカードがあれば世界中ほぼどこでも使うことができるでしょう。
原則黒字でなければ審査通過が難しいので、経営が安定している個人事業主におすすめです。

■ポイントをためたい個人事業主が使いたい法人カード

法人カードはポイントを貯められるのでお得です。
ポイントを経費に充てると、経費削減にもつながります。

ただ法人カードはポイントがたまりにくいと言われているようです。
それはポイント還元率が低い法人カードが多いからでしょう。
法人カードのポイント還元率は、0.5%がほとんどです。
個人向けクレジットカードに比べると、物足りなさを感じてしまいます。
法人カードでポイントを貯めたい個人事業主は、ポイント還元率が高い法人カードを選びましょう。

ポイントがたまりやすい法人カード

・楽天ビジネスカード
人気の楽天カードのワンランク上となるのが、楽天プレミアムカードです。
楽天プレミアムカードに追加して発行するのが、楽天ビジネスカードです。
ポイント還元率は1.0%なので、法人カードの中ではポイントのたまりやすさはトップクラス。
さらに楽天市場では、さらにポイントアップが望めます。
楽天でビジネス用品を調達している個人事業主には、最適の法人カードです。
年会費は楽天ビジネスカード2,000円、楽天プレミアムカード10,000円、合計12,000円(税別)となります。
還元率が高いので年会費以上のポイントをためることは、難しくはない法人カードです。

・P-one Business MasterCard
P-oneカードの還元率は通常約0.4%です。
これだとポイントがたまりやすい法人カードとは、お世辞にも言えません。
しかしP-one Business MasterCardは、ポイントが2倍となる法人カードです。
還元率は0.8%となり、法人カードの中ではポイントがたまりやすくなっています。
そしてP-oneモールを経由してショッピングをすると、通常の最大30倍のポイントを獲得することも可能です。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ポイント還元率は約0.5%ですが、海外利用分は2倍の1.0%にアップします。
海外出張で法人カードを使う個人事業主なら、すぐにポイントをためることができるでしょう。
また永久不滅.comを経由してのショッピングは、最大でポイント30倍になります。
ネットショッピングの利用が多い個人事業主にもおすすめです。
セゾンプラチナビジネスアメックスはセゾンマイルクラブに登録をすることで、JALマイルを貯めやすい法人カードにもなります。
JALでのフライトが多い個人事業主なら、おすすめの法人カードです。

■個人事業主がマイルをためやすい法人カード

国内外の出張が多く飛行機を良く利用する個人事業主には、マイルがたまりやすい法人カードがおすすめです。
マイルを貯めることにより、出張旅費を削減することも可能です。
マイルがたまるといえば航空会社が発行するクレジットカードを思い浮かべますが、法人カードの場合は必ずしも当てはまるとは限りません。
航空会社発行の法人カード以外でも、マイルがたまりやすいものはあります。

マイルがたまる法人カード

・JAL法人カード
フライトマイルや継続マイルなどの付与があるので、JALでフライトをする個人事業主にはおすすめです。
ただショッピングマイルの付与がありませんので、ショッピングでマイルを貯めたい場合には不向きです。

・ANA法人カード
フライトマイルや継続マイルの付与により、ANAマイルを貯めやすい法人カードです。
利用すると提携クレジットカード会社のポイントがたまりますが、JCBとダイナース以外はマイルへの移行ができませんので注意をしてください。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、実はJALマイルを貯めやすい法人カードです。
セゾンマイルクラブに無料登録すると、1,000円利用ごとに10マイルがたまります。
還元率にすると1.0%ですので、ショッピングでマイルをためたい個人事業主にはおすすめです。
また2,000円ごとに1ポイントの付与があり、ポイントはマイルへの移行が可能。
さらに還元率を上げることもできます。

・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
ショッピングによりANAマイルをためるなら、 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードが良いでしょう。
2,000ポイントを1,000マイルに移行することができるのですが、メンバーシップ・リワード・プラスに登録をすると、1,000ポイントを1,000マイルに移行できるようになります。
メンバーシップ・リワード・プラスは年間3,000円(税別)の登録料が必要となりますが、移行レートが2倍になるのでお得です。

フライトでは航空系法人カード、ショッピングではセゾンプラチナビジネスアメックスやアメックスビジネスゴールドと法人カードを使い分けをすれば、よりマイルを貯めやすくなるでしょう。
年会費が必要になってしまいますが、フライトが多い個人事業主なら年会費の元は取れるでしょう。

■年会費無料個人事業主向け法人カード

法人カードは年会費が必要となることが多いです。
法人カードは年会費がかかるものと、思っておいた方が良いかもしれません。
しかしどうしても年会費を出したくない…、という個人事業主もいるのではないでしょうか。
年会費無料となる法人カードは皆無ではありませんので、何枚か紹介していきましょう。

・ライフカードビジネス
ライフカードビジネスは、永年年会費無料という貴重な法人カードです。
ライフカードビジネスは追加カードやETCカードなども、年会費無料です。
何枚発行しても年会費負担がないので、法人カードの年会費が気になる個人事業主にはおすすめです。

ただライフカードビジネスは、利用してもポイントが付与されることはありません。
ポイント還元がない法人カードなのです。
ポイントをためて経費削減をしたいという個人事業主には、向いていないとなるでしょう。
法人カードの年間利用金額が、それほど高くない個人事業主におすすめします。

・ P-one Business MasterCard
P-one Business MasterCardは初年度年会費無料、翌年度より2,000円(税別)の年会費となる法人カードです。
しかし年間1度でも利用があれば、翌年度の年会費が無料となります。
永年年会費無料ではありませんが、条件付年会費無料法人カードなのです。
年会費無料となる条件クリアが難しいと発行をためらってしますが、年に1度使えばOKと非常にカンタンな条件であるのも嬉しいです。
これならどんな個人事業主でも、実質年会費無料で使えるでしょう。
また P-one Business MasterCardは5枚まで追加カードを発行できますが、こちらは永年年会費無料です。
家族や従業員に追加カードを発行したい個人事業主にもおすすめです。
ETCカードも年会費は無料ですが、発行手数料1,000円が必要です。

・ビュー法人カード
年会費無料ではありませんが、年会費477円(税別)と格安な法人カードとなっています。
消費税を入れても500円ちょっとの年会費負担で良いので、ほぼ年会費無料法人カードと言っても良いのではないでしょうか。
ビュー法人カードは新幹線や特急利用時に便利なサービスが多く、JRでの出張が多い個人事業主に人気が高いです。
ただ審査がやや厳しめの法人カードとなっており、簡単に発行できる…とはいかないのが難点かもしれません。
申込をするときは、審査対策をしっかり行っておきましょう。