いきなり!おすすめ法人カードまとめ

■ポイントがたまる法人カードがおすすめ

法人カードは経理がしやすくなるメリットがあります。
クレジットカード(クレジットカードの達人参照)の明細をそのまま使うこともでき、経理を簡素化できます。
また法人カードには、いくつもの付帯サービスがあります。
ガソリン代がお得になったり、出張に役立つサービスがあったりするため、法人カードは頼れるビジネスパートナーとなるでしょう。

そして法人カードの大きな魅力となるのが、ポイントやマイルをためられることです。
法人カードを使うと、利用金額の一部がポイントとして還元されます。
現金で支払いをするよりもお得です。

法人カードのポイント使い道

・商品購入に使う
現金代わりに使えるポイントなら、好きなものを購入することができます。
備品購入をしても良いですし、飲料やおやつを購入し社員に配っても良いかもしれません。

・金券に交換する
商品券などに交換をして、飲み会やコンペの商品にするという使い方がよくされているようです。
商品だと好みやライフスタイルにより不要と感じる人もいるでしょうが、金券だと誰がもらっても嬉しいのではないでしょうか。

・商品と交換する
家電などのアイテムとポイント交換できる法人カードも多いです。
会社の備品として使うこともできるでしょう。

・マイルに交換する
マイルに交換すると、出張旅費に充てることができます。
フライトでの出張が多いなら、マイルに交換するのもおすすめです。

・キャッシュバックをする
キャッシュバックがあると、ポイントの使い道に困ることはないでしょう。
どんな会社でも、嬉しいシステムと思われます。

法人カードのポイントは、さまざまなものと交換することができます。
ただポイントで交換できるものは、法人カードにより異なります。
必要のないものとしか交換できないと、ポイントを無駄にしてしまうので注意をしてください。

ポイントは貯めれば貯めるほどお得となりますので、なるべくポイント還元率が高いものを選びましょう。
法人カードのポイント還元率は、0.5%としているものが多いです。
法人カードは利用金額が多く還元率を高くしてしまうと、クレジットカードは多くのポイントを付与しなければなりません。
そうなるとクレジットカード会社の収益が減ってしまいますので、法人カードは還元率が抑えられているようです。
しかし0.5%以上のポイント還元率となる法人カードも、ないことはありません。
ポイントを貯めたいなら、0.5%以上の還元率となる法人カードがおすすめです。

■おすすめ法人カード・楽天ビジネスカード

楽天カードは人気のクレジットカードです。
実は楽天カードにも、個人事業主におすすめの法人カードがあります。
それが楽天ビジネスカードです。
楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードに追加発行する法人カードです。
楽天ビジネスカードだけでは発行できないので、注意をしましょう。

・ポイントがたまりやすい
楽天カードはポイント還元率が高いクレジットカードとして知られています。
楽天ビジネスカードも、ポイント還元率は1.0%あります。
法人カードの中では、最高水準の還元率と言えるでしょう。
楽天市場で使うなら、さらにおすすめの法人カードです。
楽天市場での利用は、いつでもポイント5倍となります。
還元率5.0%というのは、すごくないですか?
さらに誕生月はポイント3倍になります。
法人カードでポイントを貯めたいなら、最もおすすめの法人カードです。

・ETCカードを必要なだけ発行できる
楽天ビジネスカードは発行時に9枚までETCカードを発行できます。
10枚目からは楽天ビジネスカードが届いた後、会員専用サイトのe-NAVIから申込をすることが可能です。
車両を複数持つ個人事業主にはおすすめです。
ETCカードの年会費は1枚目は無料ですが、2枚目より500円(税別)が必要になります。
発行手数料は無料です。

・プライオリティパスに無料登録できる
800以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスの付帯が、楽天ビジネスカードが人気の要因でもあります。
プライオリティパスはプラチナカードクラスのサービスなので、利用するのはなかなか難しいです。
出張が多く世界中を飛び回っているといった個人事業主には、かなりおすすめ度が高い法人カードと言えるでしょう。

・年会費がダブルでかかる
楽天ビジネスカードの年会費は2,000円ですが、年会費10,000円の楽天プレミアムカードで追加発行をしなければならず、合計12,000円(いずれも税別)の年会費が必要となってしまいます。
2枚分の年会費を支払わなければならないのは、ちょっと損をした気分になることもあるようです。
しかし12,000円の年会費以上の価値がある法人カードという声も多いです。
なんといってもポイントがたまりやすいので、ポイントをたくさんためれば年会費の元をとることができます。
さらにプライオリティパスもあれば、12,000円なんて安いと感じてしまうでしょう。
コスパの高さも、おすすめの法人カードです。

■おすすめ法人カード・P-oenビジネスカード

実質年会費無料で使える法人カードが、P-one Business MasterCardです。
発行元はポケットカード。
近年はP-one Wizカードがお得と話題のクレジットカード会社です。

・実質年会費無料
P-one Business MasterCardは前年度に1度でも利用実績があれば、年会費が無料となる法人カードです。
入会初年度は年会費無料なので、使い続けていれば実質年会費無料で使うことが可能。
法人カードの年会費を支払いたくない個人事業主におすすめです。
もし年に1度も利用がなければ、年会費は2,000円(税別)となります。
P-one Business MasterCardは5枚まで追加カードを発行することができますが、こちらは無条件で年会費無料です。

・ポイント2倍
年会費無料ならポイントはたまらない法人カードなんでしょ?なんて思ってしまいますが、P-one Business MasterCardは他のP-oneカードと比べるとポイント2倍になります。
通常は1,000円に1ポイントのところ、1,000円に2ポイントを獲得できるのです。
ポイント還元率は約0.8%となり、法人カードの中ではポイントがたまりやすくなっています。
法人カードでポイントをためたい個人事業主にもおすすめです。

・キャッシングができる
法人カードはショッピング機能のみで、キャッシングができるものは非常に少ないです。
それなら個人のクレジットカードでキャッシングをすれば良いと思いますが、借りたお金は個人で使わなければなりません。
ビジネス用に使うことは禁止されているのです。
なのでビジネス用の資金を借りるときは、ビジネスローンなど事業性に使える商品に申込まなければなりません。
しかしP-one Business MasterCardがあれば、ビジネス用としてキャッシングをすることができます。
常に法人カードのキャッシングをアテにするのはおすすめしませんが、ちょっと足りない…というときに間に合わせとして使うのはおすすめです。

・ETCカードは発行手数料がかかる
ETCカードは年会費無料なのですが、1,000円の発行手数料が必要になってしまいます。
ETCカードは年会費も発行手数料も無料の方がお得ですので、ETCカードの発行にはおすすめではないかもしれません。
ただ発行手数料は発行時のみ支払えば良いものなので、年会費を支払い続けるよりはお得に使えるでしょう。

■おすすめ法人カード・JCB法人カード一般

定番法人カードとして人気が高いのが、JCB法人カード一般です。
個人事業主でも持ちやすくおすすめの法人カードです。

・複数枚のETCカードを発行できる
JCB法人カード一般カードは、1枚の法人カードで複数枚のETCカードを発行できます。
所有車両が多い個人事業主におすすめです。
また年会費、発行手数料は無料。
何枚ETCカードを発行しても、コストがかからないのはお得でしょう。

・発行しやすい年会費
安心のJCBカードプロパーの法人カードですが、年会費は1,250円(税別)と持ちやすい年会費となっています。
1か月100円程度の負担で法人カードを使うことができます。
ただ追加カードも1枚1,250円の年会費となります。
追加カードは本カードより年会費が低くなったり、年会費無料といった法人カードもありますので、追加カードを大量に発行するにはおすすめではないかもしれません。
しかし個人事業主であれば必要な追加カードは数枚で良いかと思いますので、それほど大きな年会費負担にはならずおすすめです。

・出張がお得になる
JCB法人カード一般なら、航空券を法人価格で予約することができます。
スマホや携帯で当日予約や変更もOKなので、急な出張時も役立ちおすすめです。
そしてじゃらんのコーポレートサービスの利用が可能。
宿泊プランが法人向けの割引価格となるので、出張旅費の節約にもなります。

・2種類から選べる
JCB法人カード一般は利用によりポイントがたまるのですが、キャッシュバックタイプとなるJCBビジネスプラス法人カードを選ぶこともできます。
毎月法人カードの利用金額が高く、さらに出張旅費が多い個人事業主には、キャッシュバックタイプはおすすめです。

・プレミアムカードを狙える
JCBプロパー法人カードとなるので、ゴールドカード、プラチナカードへランクアップさせることができます。
利用状況が良ければ、JCBカードからゴールドカードやプラチナカードへのインビテーションをもらうこともできるでしょう。
将来的にはプレミアムな法人カードが欲しい時は、おすすめです。

・審査通過は固定電話は必須
JCB法人カード一般は審査が非常に厳しい法人カードではなく、個人事業主にもおすすめです。
ただ固定電話がないと、審査通過は難しいようです。
固定電話を持たない個人事業主もいるかもしれませんが、このままではJCB法人カード一般の発行は難しくなりますので注意してください。

■おすすめ法人カード・アメックスビジネスゴールド

ステータスの高さで選ばれている法人カードは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。
法人カードにステータスを求める個人事業主には、かなりおすすめの法人カードです。

・開業間もなくても発行できる
設立3年以上経過していないと、審査通過できない法人カードは多いです。
しかしアメックスビジネスゴールドは、設立1年未満でも審査通過できやすい法人カードです。
経営者個人のクレヒスを重視し、返済能力が高いとされれば発行できる法人カードなのです。
開業まもない個人事業主でも発行しやすい、おすすめの法人カードです。

・出張のお供におすすめ
アメックスビジネスゴールドには、空港ラウンジ無料利用サービスがあります。
そしてエアポート送迎サービス、無料ポーターサービス、手荷物無料宅配サービス、空港パーキングの優待などがあります。
出張で空港を良く利用する個人事業主にはおすすめです。
また最高5000万円の国内旅行保険、最高1億円の海外旅行保険も付帯。
補償金額も高く、安心して出張に行くことができます。

・マイルがたまりやすい
別途プログラムに登録をすれば、1ポイント=1マイルに移行することができます。
貯めたマイルを出張旅費に充てて、経費節減しましょう。
特にANAマイルを貯めている個人事業主におすすめです。

・プロテクションサービスがある
コンサートに行けなくなってしまったときに、購入済みのチケット代を補償してくれるのがキャンセルプロテクションです。
急な予定変更があっても、損をすることはありません。
返品したいけれど購入店で返品不可と言われたときに、90日間以内なら購入金額を返金してくれるのが、リターンプロテクションです。
こういったプロテクションサービスは他の法人カードでは見られなく、アメックスビジネスゴールドならではと言えるでしょう。
そのほかインターネット決済時も安心のオンラインプロテクション、購入した商品が破損・盗難に遭った時に補償がされるショッピングプロテクションも付帯します。
アメックスビジネスゴールドは、いつでもどこでも安心して使える法人カードでしょう。

・年会費は高い
年会費は26,000円(税別)と高めとなっています。
ゴールドクラスの法人カードでも年会費は10,000円程度ですから、高いと感じてしまうのではないでしょうか。
しかしアメックスビジネスゴールドは、ステータスも高く多彩なサービスがあるのでおすすめの法人カードです。